美肌になる為に肌にあまり刺激を与えない

“美肌を目指すなら、肌に対する刺激は要注意です。刺激といっても複数のポイントがありますが、洗顔時の水温と力加減とコットンあたりに配慮してみると良いでしょう。もちろん紫外線も要注意です。

洗顔する時は、あまり刺激を加えるべきではありません。顔の肌はとてもデリケートですし、刺激を加えるとターンオーバーが不活発になってしまう可能性があります。
例えば洗顔する時は、冷水にはしない方が良いでしょう。あまりにも水が冷たいと、肌に対する刺激が強すぎるからです。ぬるま湯にするのが無難です。
また洗顔する時の指の力加減も要注意なのです。汚れを落とすにしても、あまり力を加えるべきではありません。

それとメイクする時は、できればコットンは使用しない方が良いでしょう。コットンも肌に対する刺激が少々強いからです。
どうすれば良いかというと、指などでメイクしてあげるのが理想的です。コットンを使わないようにしたら、肌の状態が変わってきたという話もあります。もちろん指でメイクする時も、力加減は要注意です。

そして紫外線です。よく言われる事ですが、やはり紫外線は肌に良くありません。紫外線の照射時間が長いと、皮膚ガンになる確率も高まってしまうのです。あまり長時間日光に当たらない方が良いでしょう。
ちなみに最近では、やや特殊なサプリメントも販売されています。飲む日焼け止めなどは、体の内側から紫外線を防いでくれますし、服用を検討してみると良いでしょう。”