美肌になる為に肌にあまり刺激を与えない

“美肌を目指すなら、肌に対する刺激は要注意です。刺激といっても複数のポイントがありますが、洗顔時の水温と力加減とコットンあたりに配慮してみると良いでしょう。もちろん紫外線も要注意です。

洗顔する時は、あまり刺激を加えるべきではありません。顔の肌はとてもデリケートですし、刺激を加えるとターンオーバーが不活発になってしまう可能性があります。
例えば洗顔する時は、冷水にはしない方が良いでしょう。あまりにも水が冷たいと、肌に対する刺激が強すぎるからです。ぬるま湯にするのが無難です。
また洗顔する時の指の力加減も要注意なのです。汚れを落とすにしても、あまり力を加えるべきではありません。

それとメイクする時は、できればコットンは使用しない方が良いでしょう。コットンも肌に対する刺激が少々強いからです。
どうすれば良いかというと、指などでメイクしてあげるのが理想的です。コットンを使わないようにしたら、肌の状態が変わってきたという話もあります。もちろん指でメイクする時も、力加減は要注意です。

そして紫外線です。よく言われる事ですが、やはり紫外線は肌に良くありません。紫外線の照射時間が長いと、皮膚ガンになる確率も高まってしまうのです。あまり長時間日光に当たらない方が良いでしょう。
ちなみに最近では、やや特殊なサプリメントも販売されています。飲む日焼け止めなどは、体の内側から紫外線を防いでくれますし、服用を検討してみると良いでしょう。

将来的な子供の身長を算出する方法

子供の身長は、ある程度予測する事は可能です。それには計算式もあるのです。

例えばある男の子の父親の身長は、178センチだとします。そして母親の身長が158センチならば、その男の子は将来176.5センチになると見込まれるのです。

どうすれば上記の176.5センチという数字を算出できるかと言うと、まず両親の身長の合計値を算出します。もちろん上記の例の場合は、336です。
その合計値に対して、今度は13を加えます。この例なら349になりますが、更にその数字を2で割ります。割れば174.5になりますが、それに2を加えた結果が、上述の176.5になる訳です。つまり両親の身長の合計値に13を加えて、その数字を2で割り、2を加算すれば将来の身長を算出できます。

なお上記は、男の子の身長を算出する計算式です。女の子の場合は、また計算式が異なります。
女の子の場合、13を加えるのではありません。13を引き算する事になります。もちろん上述の例の場合は、336から13を引く事になりますから、323になります。その後の計算は、男の子と同様です。計算してみると、女の子の場合は163.5センチになります。

人間の身長を算出する為の研究は、すでにかなり進んでいるのです。ある程度は計算式も確立されているので、上記のように身長を算出する事はできます。
ただし上記の計算式で算出できる身長は、あくまでも「目安」です。将来は、確率100%でその身長になるとは限りません。上述の例では、女の子の身長は163.5センチ目安ではありますが、多少の誤差が生じる可能性はあります。

その誤差はやはり食生活など環境に左右されます。仮に親が高身長でも偏食で栄養が偏っていると身長が伸び悩む可能性もあるのです。私の息子は上記の計算式で当てはまると176㎝になる予定だったんですね。ですが、息子は絶対に180㎝以上になりたいといってあるサプリを飲み始めました。そのサプリはプラステンアップという名前です。私の息子はプラステンアップを飲むことで望み通りの身長になったのか?その結末は下記のサイトに詳しく記載しています。